Blender SVerchok Image Decomposeノードを見る

Sverchok

はじめに

画像関係を見てみたくなったのでImageと付いているノードを見ていく

こちらの記事を見てくれている方が結構いるようですので追記します。

世界地図はNASAのサイトより拝借しています。

NASA: Scientific Visualization Studio
Land-sea mask matching the Blue Marble image

https://svs.gsfc.nasa.gov/3487

また地図を使った動画も作成していますので興味があれば見てみてください😃

参照元

github.com

Image Decompose

機能

このノードからの出力を得るために必ず最初の2つのソケットは繋がなければいけません。ポリゴンは任意で Filter? がoffのときのみ面を出力します

Blenderに現在読み込まれているrgbaコンポーネントを取り、XYAとRBAへ分解します。xyは画像のピクセル縦横の数が出力されます。Zはピクセルとはあまり関係がないためAlphaに置き換えられています。

UVエディタで画像を読み込んでいない場合、Nパネルからでも読み込めます。

入力とパラメータ

  • Skip n pixels 画像のグリッド数の減少ができます。縦横どちらもn番目のピクセルごとに取ります。
  • xy_spread xyaソケットのxy要素をかけることで広げることができます
  • z_spread rgbを増幅します。alphaはしません
  • Filter? シンプルなコマンドでピクセルを制限できます。例: r < 0.8 and g > 0.4

出力

  • xya xとyはピクセルで、それにalphaが組み合わされています。xとyの値はxy_spreadからかけることができます。
  • rgb それぞれの(フィルターされていない)ピクセルz_spreadで掛けられます。
  • polygons この出力はpixelがフィルターされていないときに、xyaのための適切なポリゴンリストを生成します。

Image Decomposer · Issue #405 · nortikin/sverchok
available in viewerDraw branch, just an experiment

最後に

なるほど面白い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました